HTML
フォント:サイズ ( font-size:12px; )


タグはHTML5では廃止されました

フォント:カラー ( color:#ff0000; )

FFFFFF
FFFFCC
FFFF99
CCFF99
99CCFF
9999FF
0000FF
CCCCCC
999999
666666
000000
990000
996666
996699
CC0000
FF9999
FFCCCC
フォント:行間 ( line-height:130%; )
フォント:太さ ( font-weight: bold; )
標準(数値指定:400)

太字(数値指定:700)

細字(一段階細く)

フォント:Times New Roman
フォント:メイリオ
フォント:Google
リンク:タイトル ( title="" id="" )


新しい窓で開く

リンク:文字色固定


新しい窓で開く

リンク用:下線無 ( text-decoration:none; )
リンク用:電話番号
画像:タイトル ( title="" alt="" )
画像用:切抜
rect(上 右 下 左)


左上固定から右下へ切る場合

画像用:横縦 ( width="" height="" )
画像用:背景:色
画像用:背景:URL
余白マージン
テキスト位置:左 ( text-align:left; )
テキスト位置:中 ( text-align:center; )
テキスト位置:右 ( text-align:right; )
枠色:赤1px
枠色:緑2px
枠色:青3px

FFFFFF
FFFFCC
FFFF99
CCFF99
99CCFF
9999FF
0000FF
CCCCCC
999999
666666
000000
990000
996666
996699
CC0000
FF9999
FFCCCC
マウスオン画像変更
カーソルの形変更

:auto
:default
:pointer
:crosshair
:move
:wait
:text
:help
DIV:フォント/縦横
DIV:フォント/縦横/枠/背景
DIV位置:左 ( float:left; )
DIV位置:右 ( float:right; )
DIV位置:クリア ( clear:both; )
DIV位置:クリア余白付
フレーム

sandbox属性使用

sandbox属性使用 横縦 100%

カラー枠、背景 BOX入り

↑縦 401px 横 401px 赤い1pxの枠がつきます

背景はブラウザにより透過か白なのでどちらかを設定
透過:background-color: transparent;
白:background-color: #ffffff;

スクロールバー非表示(HTML5廃止)
scrolling=”no”
CSS表示方法 overflow-y: hidden;


テーブル:枠 2列

tdタグ内で文字列を改行したくない場合
「nowrap」と入れるとtd~/td内の文字列は改行しません
widthで指定していても無視されます
テーブル:枠 3列
テーブル:枠 4列
テーブル:枠 5列

AMP用 ( Google AMPテスト )


AMP定型タグ
TOP:DOCTYPE / title / meta


TOP:style / head 〇〇は必須


TOP:style / head

AMPページ ( canonical )
AMPリンク先(元ページ)( amphtml )
画像 ( amp-img )
画像用:横縦
文字カラー
文字赤


文字緑


文字青

フレーム:地図 ( amp-iframe )
フレーム:YOUTUBE
SNS:Facebookシェア
 
PHP
強制文字コード:UTF-8
強制文字コード:EUC-JP
強制文字コード:SJIS
強制転送
エンコード:EUC-JP ( auto )
エンコード:UTF-8 ( ALL )
エンコード後:XSS対策
エンコード後:タグ除去
URLエンコード
値がセットされた場合 ( isset )

issetの複数条件の場合
isset($a, $m, $p)
※emptyは1回のみ

値がセットされた場合:転送
値が空の場合 ( empty )
値が空の場合:転送
文字:置換 ( str_replace )
文字:〇を含む場合
文字:長い文字列を省略
結果 PHP関数~
PHP 3
関数 4
~ 2
9文字
文字取得:〇~●:1回


文字取得:〇~●:ALL
リンクを取得 

文字数を取得 「PHP関数」5文字
IF:基本
IF:条件2
IF:条件3
IF:基本 else
IF:条件2 else
IF:条件3 else
繰り返し:for
ランダム:4桁数字 ( 1375 )

ランダムパスワード生成
ランダム:配列から選択 ( 2467 )

ランダムパスワード生成
ファイル取得:ページ ( file_get_contents )
ファイル取得:ページ ( include )
ファイル取得:ページ:エラー非表示
includeの前に「@」を付けるとエラーコード非表示
$_SERVER取得:IPアドレス

結果例:35.171.45.91
$_SERVER取得:プロバイダ

結果例:ec2-35-171-45-91.compute-1.amazonaws.com
$_SERVER取得:OS/ブラウザ

結果例:CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
$_SERVER取得:リファイラー

結果例:https://dw230.jp/
FORM:GET ( 余白なし )


input 非表示(hidden)


input 複数選択 ⦿(radio)


input 複数選択 ☑(checkbox)


input テキストボックス


input テキストボックス(文字数制限/音声)


input 検索ボタン(submit)

FORM:POST ( 余白なし )


input 非表示(hidden)


input 複数選択 ⦿(radio)


input 複数選択 ☑(checkbox)


input テキストボックス


input テキストボックス(文字数制限/音声)


input 検索ボタン(submit)

FORM取得:GET
FORM取得:POST
時間取得:日本時間
時間取得:日付 ( 2019/11/14 )

年表示は「Y」西暦4桁と「y」西暦下2桁。
平成で表示したい場合は「y+12」
令和で表示したい場合は「y-18」
時間取得:時間 ( 06:54:38 )

時表示は「h」12時間表示と「H」24時間表示、
「g」0無し12時間表示、「G」0無し24時間表示
分表示は「i」1桁のとき必ず0が付きます。
0無し表示はありません。
秒表示は「s」1桁のとき必ず0が付きます。
0無し表示はありません。
時間取得:日時 ( 2019/11/14 06:54:38 )

年表示は「Y」西暦4桁と「y」西暦下2桁。
平成で表示したい場合は「y+12」
令和で表示したい場合は「y-18」
時表示は「h」12時間表示と「H」24時間表示、
「g」0無し12時間表示、「G」0無し24時間表示
分表示は「i」1桁のとき必ず0が付きます。
0無し表示はありません。
秒表示は「s」1桁のとき必ず0が付きます。
0無し表示はありません。
時間取得:日付 ( 2019年11月14日 )
時間取得:日付 ( 平成31年11月14日 )


平成31年5月1日~ 元号「令和」で表示する場合

結果:令和1年11月14日
時間取得:時間 ( 06時54分38秒 )
時間取得:曜日 ( 木曜日 )
画像:縦、横、色のビット数

結果:echo $topimg[3]; → width="1600" height="900"
Array
(
[0] => 1600 //横 echo $topimg[0];
[1] => 900 //縦 echo $topimg[1];
[2] => 2 //画像の形式
[3] => width="1600" height="900" //IMGタグ
[bits] => 16 //色のビット数
[channels] => 4 //3:RGB、4:CMYK
[mime] => image/jpeg //MIMEタイプ
)
 
EXCEL
平均値:AVERAGE:AVERAGEA
数字入力セルのみ

空以外のセル

「AVERAGE」と「AVERAGEA」の違い
セルの個数:COUNT:COUNTA:COUNTIF
数字入力セルのみ

空以外のセル

条件に一致したセル

「COUNT」「COUNTA」「COUNTIF」の違い
セルを数値で取得:ROW:COLUMN
行番号を取得:ROW

列の番号を取得:COLUMN

数値をセル番号:INDIRECT:ADDRESSN
文字列をセル番号として取得:INDIRECT

列の番号を取得:ADDRESSN

=ADDRESS(行,列,参照の種類,参照の形式)
参照の種類
1 $C$3
2 C$3
3 $C3
4 C3
参照の形式
0 R1C1形式
1 A1形式
順位や大きさ順:LARGE:SMALL
C3からC6で1番大きい数値

C3からC6で2番目に小さい数値
エクセル関数:LARGE(ラージ)
エクセル関数:SMALL(スモール)
日付:NOW と TODAY
セルの書式設定でセルを「日付」とした場合
=NOW()  2019/11/14
=TODAY() 2019/11/14

セルの書式設定でセルを「時刻」とした場合
=NOW()  6:54:38
=TODAY() 0:00:00

エクセル関数:NOW(ナウ)
エクセル関数:TODAY(トゥデイ)
「NOW」と「TODAY」の違い
日付:年 ( 2019年 )
2019年

平成31年

令和1年

令和元年


エクセル関数:YEAR(イヤー)
日付:月 ( 11月 )
11月

2019年11月

2019年11月14日

エクセル関数:MONTH(マンス)
日付:日 ( 14日 )
14日

11月14日

2019年11月14日

エクセル関数:DAY(デイ)
日付:曜日 ( (木曜日) )
(木曜日)

2019年11月14日(木曜日)

平成31年11月14日(木曜日)

令和1年11月14日(木曜日)(平成31年5月1日~)

エクセル関数:WEEKDAY(ウイークデイ)
時間: ( 06:54:38 )(06時54分38秒)
06:54:38

12:34:56

06時54分

06時54分38秒

エクセル関数:TIME(タイム)
エクセル関数:HOUR(アワー)
エクセル関数:MINUTE(ミニット)
エクセル関数:SECOND(セカンド)
エラーを非表示:ISERROR
エラーを非表示:IFERROR
四捨五入:ROUND:ROUNDDOWN:ROUNDUP
四捨五入

結果:3.142

切り捨て

結果:3.141

切り上げ

結果:3.142

エクセル関数:ROUND(ラウンド)
エクセル関数:ROUNDDOWN(ラウンドダウン)
エクセル関数:ROUNDUP(ラウンドアップ)
検索:FINDとSEARCH
SEARCH


FIND


SEARCHはワイルドカードが使えます
FINDでワイルドカード文字を検索できます

SEARCHは大文字と小文字は区別されません
FINDは大文字と小文字は区別します

FINDとSEARCHの違い
数値:ランダム:0~99

エクセル関数:RAND(ランダム)
数値:ランダム:50~100

エクセル関数:RAND(ランダム)
数値:文字扱いの数値を数値化

・=VALUE(100000) 結果 100000
・=VALUE("100000") 結果 100000
・=VALUE(100,000) できません
・=VALUE("100,000") 結果 100000
・=VALUE("100,000円") 結果 #VALUE!

エクセル関数:VALUE(バリュー)
文字:文字数を数える LEN

セル指定は =LEN(D4)

LEN(レン)エクセル関数
文字:取り出す MID

=MID(D4,3,5)3文字目含む5文字

SEARCH(サーチ)エクセル関数
文字:指定文字の場所を探す SEARCH

=SEARCH(D4,"国",3)3文字目から国までの文字数

MID(ミッド)エクセル関数
文字:つなげる 「&」「CONCATENATE」「CONCAT」
&(アンド)


CONCATENATE(コンカテネイト)


CONCAT(コンカット)


上記は全部同じ結果になります

&(アンド)とCONCATENATE(コンカテネイト)は1セルずつ指定します

CONCAT(コンカット)はSUM関数のように範囲指定ができます

上記の3つの式はすべて同じ結果になります
(B3:K3)コロンでB3~K3
(B3:G3,H3,I3,J3,K3)カンマでB3~K3とH3とI3とJ3とK3

「&」「CONCATENATE」「CONCAT」の違い
言語コードを取得 DETECTLANGUAGE

=DETECTLANGUAGE(B3) B3の言語コードを取得
対象セルが空白の場合「#VALUE!」エラーになります
対象セルが記号の場合「#VALUE!」エラーになります
対象セルが数値の場合「und」になります

言語コード
ja:日本語
en:英語
zh:中国語
ko:韓国語
fr:フランス語
ru:ロシア語
es:スペイン語
el:ギリシャ語
pt:ポルトガル語
vi:ベトナム語
ar:アラビア語

DETECTLANGUAGE(ディテクトランゲージ)
指定の言語に翻訳 GOOGLETRANSLATE

例)英語から日本語に翻訳
=GOOGLETRANSLATE("Hello","en","ja")
結果:こんにちは

GOOGLETRANSLATE(グーグルトランスレート)
セル内に画像を表示 IMAGE

URL
画像のURL(http://、https://から始まる絶対値)

モード(省略可:デフォルトは "1")
"1"アスペクト比を変えずにセル内に収まるように画像サイズを変更します。
"2"アスペクト比を無視してセル内に収まるように画像を引き伸ばすか縮めます。
"3"画像を元のサイズのままにします。その場合、画像がトリミングされることがあります。
"4"カスタム サイズに変更できます。
※画像に合わせてセルのサイズを変更するモードはありません。

高さ(モードが"4"時のみ指定可)
画像の高さをピクセルで指定

幅(モードが"4"時のみ指定可)
画像の幅をピクセルで指定

IMAGE(イメージ)
インポート:HTML IMPORTHTML

URL
検証するページのURL(http://、https://から始まる絶対値)

クエリ
目的のデータを含むアイテムの種類を "list"か "table"で指定します
"table"はtableタグで1つのtableを"1"と数えます
"list"はulタグを"1"と数えliタグ内を表示します
リスト例
DETECTLANGUAGE
GOOGLETRANSLATE
IMPORTHTML

指数
対象の表またはリストについて何番目に表示されるか1から順に指定します

IMPORTHTML(インポートHTML)
インポート:CSV、TEXT IMPORTDATA

URL
インポートするページのURL(http://、https://から始まる絶対値)

IMPORTDATA(インポートデーター)
インポート:RSS、Atom IMPORTFEED

URL
フィードのURL(http://、https://から始まる絶対値)

クエリ(省略可:デフォルトは "items")
"feed"
タイトル、説明、URL を含む 1 行が返されます
"feed title"
タイトルの 1 行が返されます
"feed description"
説明の 1 行が返されます
"feed author"
作成者の 1 行が返されます
"feed url"
URLが 1 行が返されます
"items"
タイトル、作成者、URL、日時、本文をすべて返します
"items title"
タイトルをすべて返します
"items summary"
ハイパーリンクと画像を除くアイテムのコンテンツをすべて返します
"items url"
URLをすべて返します
"items created"
アイテムに関連付けられている投稿日をすべて返します

見出し(省略可:デフォルトは FALSE)
最上部に列見出し用の追加の行を含めるかを指定します。

アイテム数(省略可)
直近のアイテムから順にアイテムの数を指定します。

クエリの指定は
"feed" はブログ全体のタイトルや説明、URL返し
"items" は記事の内容を返します

IMPORTFEED(インポートフィード)
(C) 2001-2019 Digital World 昨日:/今日:592/Total:30514404